JR池袋駅徒歩10分、東武東上線北池袋駅徒歩10分。子供から大人まで、初心者の方も多く通われる、クラシックピアノからポピュラーピアノや、音大受験、保育士試験まで対応可能なピアノ教室です。ポピュラーピアノではリズムやコードネームなどの知識もご希望によって学ぶことができます。中高年の男性、OLや主婦の女性、現役の保育士さんなど、大人のピアノ教室としても大好評!!!

池袋ピアノ教室

池袋ピアノ教室/池袋ピアノ教室ビルボード
- 池袋ピアノ教室講師が、独断と偏見でお送りする -

ピアノ 初心者講座


No.001 〜 音符の読み方のコツ 〜

音符が読める2つの呪文

記念すべき初心者講座第一回目は『音符が読める2つの呪文』です。

ピアノや楽器を始めたい方で、音符が読めなく不安に思ってる方は多いのでしょうか。
弾いてみたいけど楽譜が読めないし…。

ですが、その不安を取り除くのに簡単な2つの呪文があります。!

その2つの呪文とは、
『ソシレファラ』
『ファラドミソ』
です。!


まずは、それを覚えていくと読むことに慣れていきます。
今日はそちらをお教えしたいと思います。


まず、楽譜には5つの横線が引いてあります。
これを【五線】と言います。

その譜線の上に乗っている音を【線の音】と言います。
線と線の間にある音を【間(かん)の音】と言います。

ト音記号の五線の第2線(1番下の線から数えて2番目の線)の線の音から上にお団子のように重ねて行くと、
ソ・シ・レ・ファ・ラ
と言う順序になります。

同じように、ト音記号の第1間(第1線と第2線の間のこと)の音から上に重ねて行くと、
ファ・ラ・ド・ミ・ソ
となります。

これをとにかく呪文のように唱え覚える。それを基準に楽譜を読むと次第になれていきます。

真ん中のドから数えてドレミファソ…と順を追っていくと、時間がかかってしまいますが、
これなら、先ずは線の音か間の音か一瞬で判断し、あとはソシレファラ…ファラドミソ…のどちらかで考えると間違いも減ります。

因みにヘ音記号の線の音は、
第1線からソシレファラ

間の音は、
第1線の真下からファラドミソ

となります。

ト音記号の読み方から、一つ線を下げて読む形です。


私の幼児の生徒さんも先ずはこの読み方を繰り返し覚えて、1,2ヶ月ですらすらと読めるようになります。

ぜひ、ソシレファラファラドミソを覚えてみて下さい♪

池袋ピアノ教室

池袋ピアノ教室

当教室講師も長年利用!!楽器を買うなら「サウンドハウス」がオススメです。

サウンドハウス